バストの測り方を変えてブラのサイズアップ

バストの測り方を調べると「真っすぐに立ち、両手でブラジャーを付けた状態と同じ高さにバストを持ち上げて測る」というものが推進されていますし、実際下着専門店に行くとその様にして測ってくれます。

ですがセルフでバストを両手で持ち上げながら身体にメジャーを巻き付けて正確に測るのは難しいと感じていました、というか一人では不可能です。

他にもブラジャーを着用して測る方法もありましたが、そもそもそのブラジャーのサイズが合っていなかった場合意味が無い様に感じます。

手伝ってくれる人が身近に居れば良いですがそうもいかない場合の方が多いと思いますし、一人でも簡単にセルフでバストを測れる「重力の力を借りてバストを測る方法」をご紹介したいと思います。

方法はいたって簡単で、上半身素肌で四つん這いになり片手で四つん這いをキープしながらもう片方の手でメジャーを身体に巻き付けてバストを測定するというとてもシンプルな方法です。

この方法はバストだけでなく、脇のお肉も重力に引っ張られているのでブラジャーにお肉を詰めた時とほど近い形状を再現しながらバストのトップが一番高い状態で測る事が出来きます。

バストが一番高い状態で測る事で、それまでのブラジャーはサイズが合っておらず小さいブラジャーを使用していた事が分かり、結果的にサイズアップに繋がった例もありました。

サイズの小さいブラジャーを使用し続けるとバストの形崩れだけでなく、締め付けにより体調を崩す場合もあります。

バストに負担をかけない為にも、自分のバストサイズを正確に把握してサイズの合ったブラジャーを使用する事は大切だと思います。

素肌の状態で「バストのトップが一番高い状態」を作り出すには四つん這いで重力に手伝って貰う方法が最適だと思いますので、試してみてはいかがでしょうか。

バストが硬い状態を改善しないと問題を引き起こすかも

胸の硬さというのは、普段意識しているでしょうか?

実は胸の硬さ、または柔らかさというのは日々変化している可能性があるのです。普段の過ごし方によって、そういった部分が変化することがあるので、自分の胸がどういう状態か?というのは常に意識をしておいてほしいと思います。

バストが硬いと感じる人もいると思うのですが、そういった状況になる原因の1つは下腹部などの冷えです。体温が下がることによって胸が硬くなってしまうのです。バストが硬い状態というのは、誰もが好ましくないと思っている可能性があります。基本的にはある程度柔らかい状態が理想と考えている人が多いと思うので、そういった状況を作っていきたいでしょう。

バストが硬いままだと、栄養がそこまでちゃんと循環しないため、肌荒れなどが起きる可能性があります。そうなっては困りますから、そうなる前に対処をしたいところなのです。具体的な対処方法としてはやはり温めることが重要になります。

冷えはどういった部位であっても身体に影響を与えてしまうため、体温は平常に保つ必要がありますから、胸が硬くなっているときにその周辺や下腹部などが冷えているという自覚があったときには、そこを含めて温めていく作業が必要になります。

例えば、お風呂に入ったときにいつもより長く湯船に浸かってみるとか、あとは該当箇所をマッサージをしたりして血行を良くするというのも体温を上げるのに有効だと思います。そういったことをすることによってバストが硬い状態が改善する可能性があるので、知っておいてほしいですし、是非やってみてほしいと思います。

バストが成長しない原因としてはどんなものがある?

思春期になると女性は胸のことを気にする人が増えます。自分の胸のサイズや他人の胸のサイズが気になってくる頃かもしれません。

自分のバストが成長しないと、何だか心配になってくるのではないでしょうか?このままずっと大きくならないではないか?と思う人もいるかもしれないのです。仮にそういう兆候が見えている場合には、原因を探った方が良いでしょう。

原因を改善できれば、バストがちゃんと成長する可能性が残されていますから。

バストが成長しないことの原因の1つには、実は生活習慣の乱れというのがあります。思春期でも、大人でも生活習慣の乱れはありますが、そういったものが実はバストの成長に影響していることがあるので、そこを見直す必要があるでしょう。

夜更かしをしたり、栄養のバランスが偏っていたりすると、それが関係している可能性があると言えるので、そういう自覚のある人はそこを改善するというのが1つ有効な策になると言えます。

だから、そういった点において自分は当てはまっているのではないか?と思った人は、睡眠時間をしっかりとるために、毎日夜更かしをしないで早く寝るとか、栄養のバランスに今まで以上に気を付けて食事をするなどを考えた方が良いのです。

そういったことを続けていけば、少しずつバストが大きくならない原因が取り除かれていく可能性があるので、まずは簡単に始められる生活習慣の改善から取り組んでみましょう。

無意識のうちに生活習慣が乱れていて、バストが成長しないというケースは結構多いのではないか?と思いますから、胸が大きくならないことに悩んでいる人全員が取り組んでみる意味はあると思います。

バストアップに豆乳は効果的だがそれだけでは足りない?

バストアップのために豆乳を飲むという人もいると思います。それは豆乳を飲むことで、バストアップができると言われているからです。

でも、なぜバストアップをすることに関して豆乳は有効なのでしょうか?それは豆乳を飲むことによってイソフラボンが摂れるからです。イソフラボンというのは、バストを大きくするのに必要な女性ホルモンと同じような働きをするので、イソフラボンが多く入っている豆乳を飲めば、胸が大きくなるだろうという想像が働くということになります。

その発想自体は間違っていないようにも思えますが、バストを大きくしたいときに豆乳を飲むだけでは足りないというケースがあるのです。豆乳を飲むことで、確かに胸が大きくなるための条件の1つは満たすことができますが、それだけでは大きくならない可能性がありますし、実際に胸のサイズに変化がないという人は多くいます。それは何が原因なのでしょうか?それは女性ホルモンのバランスに気を遣えていないからです。

ホルモンバランスがある程度整っていることが重要なので、その条件を満たせる状態で豆乳を飲んだ場合には胸が大きくなるということはありえます。

しかし、ホルモンバランスが乱れているときにバストを大きくするために豆乳を飲んでも、大きくはならない可能性があります。だから、バストアップのために豆乳を飲むのも良いですが、規則正しい生活をする、食生活に気を付ける、ストレスを溜め過ぎないなどの配慮をして、ホルモンバランスが適切に整うようにしていかないといけないのです。

そういった状況を作ることができれば、豆乳の力でバストアップが可能になる人が増えると思います。

乳首の黒ずみが気になってどうにかしたい

彼氏に何気なく言われた一言で、傷つきました。

どうやら前の彼女と比べて、乳首や脇が黒ずんでいて、汚く見えるそうです。

前の彼女の話をされたことも傷つきましたが、まさか自分の体が綺麗に見えないとは悲しくなりました。

女性として否定された気分になり、見返してやると感じたのです。

エステに通おうかと考えましたが、お金がありません。

それでもどうにかしたいので、黒ずみのケア商品を探すことにしました。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームのことを知り、よく調べてみると、ネットで注文出来ると感じたのです。

宅配業者にも特に変に思われない包装なら、頼んでみようと感じました。

大きめの段ボールに入れられて届きましたが、可愛い入れ物に入っていたのです。

私は肌が弱いので荒れてしまったらどうしようと思いましたが、特にトラブルも起きません。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを乳首に塗っていたら、2週間程で少し黒ずみに変化が起きました。

以前よりも綺麗になったので、リピートしたくなります。

とりあえず、乳首だけでなくワキや他の部位にも塗ることにしたのです。

嬉しいことは、彼氏からも体のことを褒められるようになりました。

前は元彼女と比較されたけれど、最近はすごく優しくしてくれるようになった気がします。

やっぱり男性は綺麗でいると、何故か優しくしてくれるのです。

彼氏だけじゃなくて、街中でも声をかけられるようになりました。

私の気持ちが嬉しくなり、表情も良くなってきたからかもしれません。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを買ってみて、正解でした。

乳首の黒ずみを解消するクリームの参考サイトはコチラです>>【乳首をピンクにする方法】乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!