よく見る授乳シーンは幸せなものではない

テレビや雑誌で授乳シーンが描かれていて赤ちゃんが幸せそうにおっぱいを飲んですやすや眠っているシーンを見かけると気持ちもホッコリしますよね?しかし実際あげ始めのお母さんにとっては苦痛で仕方がなく戦いの時間になっている方が多いと思います。端から見ている私達には分からない戦いをしているお母さんはたちはとても頑張って授乳をして育てているので尊敬に値するといっても過言ではないでしょう。

それでは何故戦いなのでしょうか?それはズキズキするような痛みを授乳によって受けてしまうからです。原因はいくつかあります。まず乳首が固く伸びないことです。赤ちゃんは力強くおっぱいの先端を吸おうとして引っ張ったり甘噛みしてしまいます。そうするとまだ慣れていないお母さんのバストは固く伸びないことで痛みが発せられ、あげている間は幸せと尊いもので地獄と化します。あげている間に乳首は柔らかくなり少し大きく伸びるのでそうなればとても楽になるのですが、乳首が切れてしまうと激痛で授乳をやめたくなるほどです。薬を塗るしかありませんが慣れるまでには時間ががかかります。しかしピュアレーンという商品のクリームは塗りっぱなしでもそのまま赤ちゃんが吸っても大丈夫な成分で作っているのでお母さん達の大きな助けになると思います。

あとは授乳しているとおっぱいの乳腺が詰まって痛みが出てしまう乳腺炎になってしまうことです。乳腺炎になると熱をもってしまったり固くしこりのような感じになるのですぐに専門医に見てもらったほうがすぐ対処してもらったり痛みが和らぐので適切でしょう。

世の中のお母さんは授乳中でも戦いで正に24時間休みなしです。少しでも周りの人達で助けにんなれればお母さんは安心して楽になるので、協力して子育てをしていきたいですね。

11か月前